映画「ヤンヤン 夏の想い出」

画像


画像


画像


<あらすじ>
現代の台北を舞台に、都市に住む人々の現実と、彼らが直面する問題をみずみずしく、リアルに描いてきた監督エドワード・ヤン。「恐怖分子」(86)「嶺街少年殺人事件」(91)「エドワード・ヤンの恋愛時代」(94)「カップルズ」(95)と、常に台湾の若い作家たちをリードし、アジアン・シネマ・ムーブメントの先駆者と称される彼の、集大成とも言える傑作が登場した。2000年5月、新ミレニアムの幕を切って開かれた第53回カンヌ映画祭に出品されたこの作品は、見事監督賞を受賞。世界中のジャーナリストは透き通るような美しさに魅了されるとともに、涙を浮かべ、そして絶賛の嵐をよせた。

「人生で起こるいくつかのことは、数字の1+2と同じくらいとても簡単である」(エドワード・ヤン)。この言葉の通り、この映画は結婚式に始まり、出産、お葬式、そして日々の生活を、淡々と、温かい視線で映し出す。---もの静かな祖母、友人とコンピューター会社を経営する父・NJ、その妻ミンミン、8歳のヤンヤンと高校生の姉・ティンティンは台北の瀟洒なマンションに暮らしている。ミンミンの弟アディの結婚式で祖母の気分が悪くなり、そのまま脳卒中で昏睡状態となってしまった。家族が眠り続ける祖母を前に、様々に呼びかける内、平穏に見えたそれまでの彼らの生活が少しづつ変わり始める・・・。

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1848732

とりあえず話が長かった。3時間くらいあったかな。1つ1つの話がミックスしていくので、なんかよくわからなくなった(汗)

ヤンヤン 夏の想い出
ヤンヤン 夏の想い出 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック