映画「ゆきゆきて、神軍」

画像


画像


画像


<あらすじ>
神戸市で妻とバッテリー業を営む奥崎謙三は、たったひとりの「神軍平等兵」として“神軍”の旗なびくトヨタ・マーク・に乗り、今日も日本列島を疾駆する。
かつての所属部隊・独立工兵隊第36連隊のうち、ウェワク残留隊で隊長による部下射殺事件があった事を知り、奥崎は遺族と共に真相究明にのりだす。なぜ、終戦後23日もたってから、二人の兵士は処刑されなければならなかったのか?
生き残った元兵士たちの口から戦後36年目にしてはじめて、驚くべき事件の真相と戦争の実態が明かされる。

http://result.gr.jp/cinecinedan/yukiyukite.html

この作品は日本人であるならば、是非、見てもらいたい作品。周りの外国人の学生は、奥崎謙三が、元兵士に対して、蹴り飛ばすシーンが出てくるんだけど、このシーンで笑っていたんだよね。笑えるシーンではないと思うんだけど。この映画を見ていたら、731細菌部隊のことを思いだしてしまった。若い世代の人にとって、戦争というのは、どうもイメージがわきにくい。だからこそ、奥崎謙三のような人が、過去の真実を突き止める止めるというのは、とても大切なことであると思う。戦争を経験した人たちは、もう60歳を超えているし、戦争の体験を聞ける機会はなくなりつつあるのだから。

ゆきゆきて、神軍
ゆきゆきて、神軍 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック